表現

 
「ああ、プレーしたかったな」
 
僕の4年間は随分と無様なものだった。
 
怪我して、TSに転向して、一年後に無理言って選手に復帰させてもらって、また怪我して、一度部活を辞めて。
 
TSの先輩方、後輩、そして同期には数え切れないほどの迷惑をかけた。
本当に申し訳なく思っている。
 
僕は結局TSになりきれなかった。
今さら復帰できるわけないのに、心のどこかでそれを妄想している自分がいる。
 
プレーでチームに貢献できないのに、TSにもなりきれない。
自分の存在価値は何なのか。今でもわからない。
 
それでも、僕はグラウンドに向かう。
取り憑かれたようにジムに行き、意味もなく河川敷を走る。
 
TSとして最低の存在だったけど、TRとして伝えるべきことは伝えてきた。
そして、これからも引退するまで伝え続ける。
 
一番長い時間を過ごしてきた同期なら、プレーでそれを体現してくれると信じている。
 
リーグ戦で躍動する33期が僕の表現。
 
4年TR 菅俊実

TOP