今シーズンにかける思い。

 
ブログを書くにあたって自分のモチベーションを再考してみた。
下級生の頃を思い返すと(より上手くなりたい、勝ちたいという思いもあったが、)ひたすら楽しいから、それだけでラクロスをしていた。一年生の夏休みなどを振り返ってみると、夢中で壁打ちを何時間もやっていたのは楽しくてしょうがなかったからではないかと思う。
しかし、今、ラクロスに臨む思いは昔のような綺麗なものだけではないように感じる。
 
いつからか、目先の成功ばかり求めるつまらない存在になってしまったと思う。結果として四年になっても大して活躍できず、何もチームにもたらしていない。
で終わるのは本当に惨めだし、日本一どころか、チームの勝利を導けないのであればなにより入部しようと思った自分に申し訳が立たない。
やはり考えてみると今の自分のモチベーションは純粋に上手くなりたいであるとか勝ちたいであるとかよりも、結果を出して自分の選択や行いを正当化しようというものであるのだろうと思う。
 
4年生になって原動力は曲がってしまったけれど、自分のなりたい姿は変わっていない。
入部した当時、も今も、思い描いているのはDFを抜いてシュートを決める、王道の活躍をしてチームを勝利に導ける選手になることだ。
 
月並みな言葉になってしまうが、時間も限られた中、1日1日を決して無駄にせず、全力で自分の武器を磨く。磨いた先で勝利を導いて行きたい。
 
 
4年AT#3 大見英一郎
 


TOP