2年のシーズン前、Joel Tinneyのプレーを初めて見た。彼は左しか使わず、簡単にディフェンスを崩し、こんなプレーがあるのかと俺を大きく感動させた。彼のプレーを目指すことにした。失敗して活躍できなくても構わないという覚悟で。
 
左しか使わない選手なんて日本にはほとんどいない。日々トライ&エラーを繰り返し、海外選手に質問して、失敗しまくったが、自分で新しく1on1を作り上げていくのはとても楽しかった。
 
しかし、周りは俺の挑戦に寛容ではなかった。やりたいことを理解してもらえず、何度右を使えと言われたか分からない。結局、右も使い、よくわからない1on1になってしまった。
 
3年になって、再びやりたいプレーに挑戦し続けている。それは理解しようとしてくれる人が増えたから。コーチも俺のプレーを認め応援してくれているから。本当に挑戦しやすい環境。こんなにありがたいことはない。
 
だから、今年活躍したい。せっかく理解してもらえたのにごめんなさい活躍できませんじゃ申し訳ない。
 
決めて、その場にいる全員を驚かせる
 
33期 #50 織田壮太朗
 

TOP