結果

 
 
 「適当」や「多趣味」。こんな言葉で表されることの多い自分が大学の体育会に所属し、4年目のラストシーズンでリーグ戦を迎えようとしているのは何だか不思議な気がする。
 
 部活をやって来た動機は色々とあるが、一番大きかったのはラクロスが下手だったという事実だろう。大学に入って始めたラクロスというスポーツはとにかく上手くいかなかった。いつまでたっても1on1が守れないし、オフボールはといえば正しいポジショニングに立ててない。部活がしんどい時も自分が下手すぎて今辞めるのは悔しいし、ダサすぎるからやるしか無かった。逆説的だが下手すぎて続けるしかないというのが負けず嫌いな自分にとっての部活のモチベになっていた。とにかく上手くなってチームにとって必要な存在になりたかった。だから2年や3年の間リーグ戦に出ている同期をグラウンドの外から見ているのが悔しかった。今考えれば努力の仕方も量も全然足りていなかった。
 
 そして今やっと同期とリーグ戦を戦える機会がやって来る。駒場で高校の頃のクラスTシャツを着て初めてパスキャをした時から3年半たった。身につけたプレーを試すことができる。運動量やGBといった強みでチームに貢献したい、今まで応援するしかできなかった舞台で活躍してチームを勝たせたい。初めてにして最後のリーグ戦はやはりかなり緊張するがそれ以上に楽しみだ。
 
 だがこうした背景を見てくれるのは身近な人間、家族と同期くらいだろう。多くの人にとって自分は単なる一人のプレーヤー、東大の22番でしかない。他人は結果というフィルターを通してしか見てくれない。プレーの良し悪しでしか評価されないからこそ、その一つ一つのプレーに全力で集中するしかない。チームも同様である。この4年間がどんなものであれ、勝てば勝者、負ければ敗者として語られることになる。だから全てのプレーで自分のできる最大限のことをして、チームを勝たせよう。勝利という結果をもってこの4年間を肯定しよう。
 
32期 #22 平田東夢
 

TOP