最後の青春

 

入学当初は、自分が運動会、しかもチームスタッフをやるなんて全く思っていなかった。私の高校は約半分くらいが東大か医学部に行くような環境で、部活にひたむきに打ち込むような文化もなく、自分も、周りのみんなと同じように塾講師バイトをやりつつ国際系サークルにでも入るのかな、くらいに漠然と考えていた。そんな中たまたま、同じクラスの男子が行くと言っていて参加した生協パーティーでビデオを見て、男子ラクロス部の魅力に完全に引き込まれた。実際に試合に行ったり、部員と話すなかで、学生日本一を本気で追い求める姿にすごく惹かれた。プレー展開が速すぎてボールは全然見えないし、ルールもよく分からない。でも、とにかくプレーがかっこよくて、学生日本一になりたいという部員のまっすぐな想いが強烈に伝わってきて。学生日本一になれたらどんな気持ちなんだろう。何が待ってるんだろう、ってすごく心が熱くなった。
ただ、入部する決断を下すのは難しいことだった。チームスタッフという立場にやりがいを見出せるかが不安だったし、そして何よりも、私の中に4年間をかけて学生日本一という目標を追い続ける熱量を持ち続けられるのか分からなかった。とてつもなく、自分に自信がなかった。
でも、ふと考えた。
それまで、本当の意味で「自分の意志」で頑張ったことがあったんだろうか。人生における選択は自分で考えて下していたつもりだけど、心のどこかで、誰かが「正解」だと決めてくれたレールの上を走っていただけだと気付いていた。正解って何なんだろう。レールってどこまで敷かれているんだろう。私の意志はどこにあるんだろう。
変わりたい、と思った。東大生がスポーツで日本一を目指すなんて、正直無謀だと思う。でも、BLUE BULLETSだったら、仲間とだったら目指せると思えた。このチームで「最後の青春」を過ごしたい、学生日本一のその先にあるものを仲間と見たいと強く思って、チームの一員になることを決めた。

 

 


 
 

  【日本一熱いチーム】
 

入部して4年経ってみて、このチームの魅力は本当にたくさんあると感じる。その中でも、私にとっての一番の、特にチームスタッフ(TS)としてのBLUE BULLETSの魅力は、「学生日本一という目標への圧倒的な熱量、そしてそれを高い水準で目指すTSの仲間がいること」だと思う。
BLUE BULLETSのTSの役割は、「選手とは違う目線からチームを見て、チームの勝利のためにできることをやること」だと私は考えている。運動部のチームスタッフというとどうしても、選手に丁寧に接して徹底的にサポートをするという「受け身」の姿勢のイメージがあるんじゃないかと思うし、私もそう思っていた。でもそれは違った。BLUE BULLETSのTSは、全ての行動が、「それが日本一を目指すうえで正しい選択なのか」という軸に基づいている。だから、選手やTSの仲間と向かい合う時に妥協はない。
私はトレーナーとして活動するなかで、選手がリーグ戦の舞台で活躍するにはどうすればよいかを考えて接している。時には、ハードなトレーニングに愚痴を言ったり、怪我の復帰過程であるにもかかわらず無理やり練習に入ろうとしたりする選手に対して、厳しい言葉をかけることもある。でも、プロとして選手と対等に向き合い、学生日本一の選手を作り上げるために必要なことなら、すべきことだと思っている。TS全員がそれぞれ自分の強みを活かして活動していて、後輩TSもすごく学生日本一への熱量が高くて、常に刺激を受ける。そして何よりも私は同期TSのことを本当に信頼していて、誇りに思っている。日本一の同期だと心の底から思ってる。本当にありがとう。絶対に一緒に勝とう。
 


 
 

  【仲間と過ごす日々と、学生日本一。】
 

起業、海外留学、旅行、遊び。大学生活には無限の選択肢がある。その中で私は、大学生活の4年間という、自分の本当に「やりたいこと」を時間をかけてできる最後の日々をBLUE BULLETSの仲間と共に過ごしたいと思った。
必ずしも、ずっと前向きでいられたわけではなかった。世界を股にかけて他のフィールドで活躍する友達が本当に眩しく見えて、自分が周りにどんどん置いて行かれている気がして、焦燥感にかられることもあった。でも、この部活は、それとは比べられないくらい沢山のかけがえのないものを私に与えてくれた。本当に沢山のものを。
不甲斐なさから悔しくて泣いたりとか、周りと比べて仕事の飲み込みが遅い自分に失望したりとか、部活から目をそむけたくなったりした時もあった。そう思ったら、長い怪我から復帰してフィールドでのびのびとラクロスをする選手を見て泣きそうなくらい嬉しかったりとか、本気で日本一を目指して全力を捧げる同期を見て心の底からかっこいいなと思ったりして。やっぱり、絶対に仲間と日本一になりたいと強く思った。部活に入らなかったら、こんなにも感情が揺さぶられることは人生でなかったんじゃないかと思う。

 
学生日本一を目指して仲間と走り続ける日々は、すごくありふれた毎日に見える。朝5時に起きて、駅まで自転車を飛ばして電車に駆け込んで、眠い目をこすりながらおはようって皆に言って、テーピング巻いて、アップを仕切って、怪我した選手がいたらダッシュでアイシングを持って行って、練習が終わったら食堂で部員とご飯を食べる。でも、この日常の中で、部員が純粋な気持ちで、本気で学生日本一を目指して、仲間と切磋琢磨しあっている。ふとした瞬間に、泣きたいような笑いたいような熱い気持ちがぐっとこみあげてくることがある。それくらい私はこのチームが好きで、仲間が好きで、勝ちたいと強く思う。
 
15年間BLUE BULLETSが破れていない壁を、私たちの手で破る。そして、その中で誰よりも私が、チームの勝因になる。
 


 

TOP