16東大

海外遠征のTowson戦以来大切にしていることがあります。

チームで流れを作る、流れを掴むということです。

ベンチにいる人は気がついているかもしれませんが、試合中は流れとか勢いだとか雰囲気だとか、チームとして力を発揮することを大切にしています。技術でも戦術でもない、流れ、勢い。

流れを持ってくるのは一人一人の気迫のこもったプレーです。

体にぶち当てでもシュートを止める。
一歩はやく押し上げる。
ぶっ叩かれながらでもGB拾う。
きつくてもブレイクバック走る。
ハーフまで全力でRIDEする。

先制されるかもしれません、ミスするかもしれません、苦しい時間帯が続くかもしれません、逆にリードしていて追い上げられるかもしれません。

そんなときこそ、オフェンスもディフェンスもベンチもスタンドも、ブルーブレッツ一人一人の気迫で、東大に流れを持ってきましょう。

苦しい試合を経験し、乗り越えてきたのは僕ら16東大の強みです。

東大が勝つ。

2016/11/12
2016年度 主将
29期 MF#31 品川康宜

TOP